株式会社AGOOSE DREAM FACTORY

壁紙再生でキズや汚れを簡単補修!リフォームのプロに聞く

お問い合わせはこちら LINEでのご相談はこちら

壁紙再生でキズや汚れを簡単補修!リフォームのプロに聞く

壁紙再生でキズや汚れを簡単補修!リフォームのプロに聞く

2023/06/20

壁紙は部屋の印象を大きく左右する要素の一つですが、汚れやキズが付くと見た目も悪くなってしまいます。そこで、壁紙再生という方法が注目されています。簡単な補修で壁紙を新たな状態に戻すことができるのです。今回は、リフォームのプロに、壁紙再生の方法や注意点について聞いてみました。壁紙リフォームを検討している方は必見です。

目次

    壁紙再生とは?

    壁紙再生とは、リフォームにおいて、壁紙を貼り替えることなく、既存の壁紙を活かして、新しい仕上がりを実現する方法です。 リフォームにおいて、壁紙の貼り替えは一般的な作業ですが、壁材が古くなっている場合や、費用を抑えたい場合には、壁紙を再生することがおすすめです。 壁紙を再生する際には、まずは既存の壁紙の状態を確認し、凹凸や傷などがある場合は補修を行います。その後、細かなキズやシミを塗りつぶすことで、新しい壁紙のような仕上がりを実現することができます。 また、壁紙が古い柄である場合は、クロスを貼ることで雰囲気を変えることができます。クロスの場合、既存の壁紙の上から貼ることができるため、貼り替えに比べて工事期間や費用が抑えられます。 壁紙再生は、リフォームにおいて費用を抑えたい方や、自然素材の壁を残したい方にもおすすめの方法です。専門の業者に依頼することで、より美しい仕上がりを実現することができます。

    キズや汚れを簡単補修する方法

    リフォームをする中で、壁や床にキズや汚れがついてしまうことはよくあることです。しかし、すぐにリフォームをするわけにもいかず、そのまま放置するわけにもいかない状況もあります。そこで、ここでは簡単にキズや汚れを補修する方法をご紹介します。 壁のキズや汚れを補修する場合、まずはキズに詰めるパテを用意し、周りにマスキングテープを貼ることでスムーズに作業を進めることができます。パテをキズに塗り、乾かす前にやすりを用いて表面をなめらかに整えます。その後、ペンキなどで塗装し、乾燥させることで補修完了です。 床のキズや汚れには、床材に合わせて補修用のスティックやペンが販売されています。キズ部分にスティックやペンで色を塗りつけ、表面をならして、仕上げ用のクリアコートを塗布します。これで、床のキズや汚れも目立たなくなります。 いかがでしたか。リフォームをする際は、こうした簡単な補修方法も覚えておくと、不具合が発生してもスムーズに対処することができます。また、DIYをする際にも役立つので、ぜひ覚えておきましょう。

    プロが教える壁紙再生のコツ

    壁紙の色あせや汚れが目立ってきたら、リフォームの一環として壁紙を再生することがおすすめです。しかし、壁紙を交換するとなると、専門知識が必要で、費用もかかってしまいます。そこで、プロが教える壁紙再生のコツを紹介しましょう。 壁紙を再生するには、汚れやカビを徹底的に落とすことが大切です。汚れが残った状態で塗装をすると、塗りムラや剥がれが起こります。また、カビがある場合は、カビが増殖してしまい健康に悪影響を及ぼすこともあります。カビは、適切な方法で除去することが必要です。 次に、下地処理を行いましょう。下地処理は、壁紙を貼る前に必ず行う作業で、下地を平滑に整えたり、汚れを取り除いたりして壁紙を貼りやすくする作業です。下地処理をきちんと行うことで、壁紙を貼るときに均一な仕上がりになり、長持ちします。 そして、適切な塗料や壁紙を選びましょう。塗料は、壁紙と合わせて選ぶことが大切です。色合いや質感が違うと、仕上がりがイメージと違ってしまうことも。また、壁紙は、耐久性や洗浄性などを考慮して選ぶことが重要です。 以上が、壁紙再生のコツです。壁紙を再生することで、お部屋のイメージを変えることができます。しかし、DIYは、専門知識が必要になる場合がありますので、自分でできることとできないことを見極め、プロに依頼することも検討してみましょう。

    DIYでもできる壁紙再生の手順

    壁紙が汚れてきたり、色あせたりして見苦しくなってしまったとき、リフォームする前に是非試してほしいのが壁紙再生です。 壁紙再生とは、既存の壁紙を上から塗装することで、汚れや色あせを隠し、気分も新たにすることができます。しかも、塗装はDIYでも簡単にできます。 手順は以下の通りです。 1.壁紙のクリーニング 壁紙の表面にたまった汚れを落とすために、泥水や洗剤を使い、表面をしっかりと清掃しましょう。 2.下地処理 壁紙の凸凹や継ぎ目などを埋めるため、下地処理を行います。ノンシュリンクパテを塗り、乾燥させます。 3.サフェーサー塗装 パテが乾燥したら、サフェーサーを塗ります。サフェーサーは、壁紙をバリア効果で守り、上塗りの塗料の密着度を高める効果があります。 4.上塗り サフェーサーが乾燥したら、仕上げに上塗りをします。メーカーによっては、ブラシ塗り、ローラー塗り、スプレー塗りと塗装方法が異なる場合があります。 5.上塗りのタイミング 下塗りと上塗りの間に塗装間隔を空ける必要があります。メーカーによっては、乾燥時間が異なるので、必要な時間を守ってください。 壁紙再生は、塗料の種類やメーカーによって効果が異なります。また、壁紙の素材や状態にもよります。塗装前には必ずメーカーの指示に従い、使用方法を確認してください。

    リフォーム前に試したい壁紙再生方法

    家をリフォームすると壁紙を取り換えることが多いですが、リフォーム前に試したい壁紙再生方法もあります。壁紙を再利用することで費用を節約できるだけでなく、環境にもやさしい方法です。 一つの方法は、既存の壁紙を剥がした後に、壁面を研磨し、塗装することです。色を変えることで、古くなった壁紙を新しく見せることができます。また、壁面をポリッシュした後に、色とりどりの飾りテープやシールを張ることもできます。簡単にアクセントを出すことができます。 もう一つの方法は、現在の壁紙を剥がす前に、新しい壁紙を張ることです。もし、既存の壁紙が傷んでいない場合は、新しい壁紙を上から貼ることができます。ただし、新しい壁紙を貼る前に、古い壁紙を綺麗に拭き取ることが必要です。 壁紙を再利用することで、費用を節約するだけでなく、自分だけのオリジナルな壁面にすることができます。壁紙の再利用は、リフォーム前のオプションの一つとして考えてみてください。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。